■プロフィール

Author:REGO34
ヌースフィット西日本担当の平尾です。弊社製品の案内と西日本各地で仕入れた情報を美容師さんにお伝えすることで美容業界の活性化を目指します。宜しくお願いします。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ディアリーブロー導入店
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スキルアップ
こんにちは、ヌースフィットの平尾です。


今日は豊中市のロケットさんにて

“ディアリーブローストレートのスキルアップ”

の為の勉強会をしてきました。


ロケットさんでは既にメニュー化をしていて、何人も技術をこなしてはいますが、
どのようなお客様へも対応できるように、より高い技術習得を目指して常に練習を重ねています。



今日のモデルさんは・・・・

IMG_8304.jpg

ほぼバージン毛である上、撥水、捻転という髪質です。
(写真ではわかりにくいですが。)

IMG_9270.jpg

しかもそのクセを伸ばす為に、日々アイロンを入れているそうです。
バージン毛だから、強い薬剤とアイロンがあれば綺麗に伸ばせるのでは!?と
思う方もいるかもしれませんが、極力ダメージをさせないということを前提にしないといけません。
FMCB理論を応用したディアリーブローなら、それが可能です。


ヘアケアの基本は、“まず髪を傷めないようにすること”

健康毛も例外ではありません。


薬剤と熱で髪を傷めないようにする2つのポイントは・・・・

IMG_4086.jpg

まず、髪質に合わせた薬剤塗布。ここで大切なのは、

“均一還元” と “膨潤コントロール”


この2つは、毛髪を薬剤で傷めないようにするキーワードであり、
FMCB理論の基本になることです。
FMCB理論は、マルセル5月号の特集で、詳しく説明されています。

IMG_8964.jpg

そして次に大切なのが、

アイロンを一切使わないブロー技法。


アイロンを使わず、ドライヤーとブラシだけで仕上げることによって、
熱変性を防ぎ、髪を潰さず、自然なツヤを出すことができます。
これは横浜スリーズカンパニーさんが延べ20万人を超える施術を元に作り上げた技法です。



この2つのポイントを上手く組み合わせダメージを極力軽減できるのが、
究極のブローストレート

“ディアリーブローストレート”なのです。



そして結果です。

IMG_0434.jpg


しっかりクセも伸び、自然なツヤが出ているのが分かります。
ただ今日の反省点を強いて言うなら、毛先の収まりが少し甘かったこと。
この件に関しては、どこに原因があったのか中島さんと検証をし、
次回施術時への課題になりました。
でもアイロンを使わず、ここまで出来れば十分だと思います。
モデルさんも仕上がりの柔らかさにびっくりしていました。


中島さんは今後もディアリーブロー導入店との合同勉強会や個別練習を重ね、
さらなる技術向上を目指していくそうです。
やはりこれからの技術で大切なのは、髪の毛を傷めないようにすることで、
それがそのままお客様の満足感に繋がり、
またそれが他店との差別化に繋がるのではないでしょうか?


中島さん、今日はお疲れ様でした。次回も宜しくお願いします。


ディアリーブローストレートの導入を検討されているサロン様は、
横浜スリーズカンパニーさんもしくはヌースフィットまでお問い合わせ下さい。
スポンサーサイト


未分類 | 23:58:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。